外壁塗装の一括見積もりサイト「ヌリカエ」の申込方法・特徴・運営会社を調べました

外壁塗装の一括見積もりサイト「ヌリカエ」

外壁塗装・屋根塗装の一括見積もりサイト「ヌリカエ」はどこで申し込めるのか?「どんな会社が運営しているのか」「類似サービス何が違うのか」など、申込前に知っておきたいことを全部調べましたので参考にどうぞ。では、いってみましょう。
ヌリカエの詳細を見る

Contents

外壁塗装の一括見積もりサイト「ヌリカエ」はここで申し込めます

ヌリカエは、公式サイトのみで受け付けています。
※現在のところ、インターネットの公式サイト以外での受付は行っていません。

外壁塗装の一括見積もりサイト「ヌリカエ」とは?

外壁塗装・屋根塗装のヌリカエ

ヌリカエは、厳しい審査基準を満たした自社施工管理の塗装専門店から一括で複数の見積りを取ることができるサイトです。サービスは無料で利用でき、簡単なフォームに入力するだけで申込が可能。年間45万人以上が利用する外壁塗装一括見積サービスとしては最大級の規模のサイトです。

こんな人にオススメです

  • 外壁塗装について知識がないので、リスクをできるだけ減らしたい方
  • 外壁塗装の適正価格がわからない方
  • 以前に見積もりをとったが、適切な内容なのかわからない方
  • 家の外観を美しく保ちたい方
  • 家の耐久性を高め、建物寿命を延ばしたい方
  • 防水性・透湿性を高めてカビやシロアリの被害を防ぎたい方
  • 断熱効果・遮音効果を高めて室内を快適にしたい方

ヌリカエの詳細を見る

ヌリカエは、こんな建物・塗装工事に対応しています

ヌリカエが対応する建物の種類

  • 一戸建て
  • 一棟ビル
  • 一棟マンション
  • 一棟アパート
  • 工場・倉庫、
  • 店舗・事務所

ヌリカエが対応している工事

  • 外壁の塗装
  • 外壁の貼替
  • 屋根の塗装
  • 屋根の貼替
  • 外壁と屋根の塗装
  • 外壁と屋根の貼替
  • 雨漏り・防水工事

ヌリカエの詳細を見る

ヌリカエの特徴

ヌリカエの特徴

1社1社に個別に塗装業者を探す必要がありません

1社1社に個別に電話をかけて塗装業者を探す必要がありません。45秒の入力で、複数業者を比較できます。

業界に精通したアドバイザーに相談することができます

「塗装工事の相場」「塗料」「材料」「見積もり書類の見方」など無料で相談可能です。また、アドバイザーに塗装業者へのお断りも代行してもらうこともできます。

サービスは無料で利用できます

ヌリカエは塗装業者側から紹介料・成約手数料で運営しています。このため、塗装を希望するお客様は無料で利用することができます。

年間45万人以上の方が利用しているサービスです

年間利用者数が45万人以上の人気サービスです。外壁塗装一括見積サービスとしては最大級の規模です。

塗装業者からいきなり電話がかかってくる心配はありません

ヌリカエではお客様にヒアリングし、ご提案させていただく業者のみにお客様の情報をお渡しします。紹介業者以外から電話が来ることはありませんし、万一ご要望にそえる業者がいない場合は無理に紹介することはございません。

ヌリカエと他の一括見積もりサイトとの違いは?

外壁塗装の一括見積もりサイトは複数業者に機械的に情報を送り、自動で見積もりを取り寄せるサービスが多いなかで、ヌリカエは「専門アドバイザー」がお客様の要望をしっかりとヒアリングした上で、最適な業者を紹介していることが特徴です。

すぐに話を聞きたい方にもオススメです

営業時間内なら5分程度で「専門アドバイザー」から電話がかかってきます、すぐに話がききたい人にオススメです。

ヌリカエの詳細を見る

ヌリカエの申込から施工依頼までの流れ

(1)入力フォームから申込み

まずは、問い合わせフォームからご連絡ください。申込フォームに入力するのは、「建物種別」「工事希望箇所」「電話番号」などです。面倒な入力が必要なく、簡単に申込できます。

(2)ヒアリング

入力フォームからお問い合わせいただいた後は、専門アドバイザーが追って連絡を差し上げます。(営業時間内なら5分程度で電話がかかってきます)

ヒアリングで質問させていただくこと

  • お客様の詳細な情報
  • 外壁・屋根の具体的な状況
  • 塗装予算や希望施工時期

ヒアリング後、ご希望に沿う塗装業者がいた場合、その場でご紹介します。
※万一ご要望にそえる業者がいない場合、無理に業者を紹介することはございません。

(3)見積もり(現地調査)の依頼

紹介された加盟業者からお客様に連絡があります。詳細な見積もりのために現地調査を依頼します。

(4)現地調査

詳細な見積もりのため、業者が施工地を訪問し、施工箇所の確認や採寸、要望のヒアリングを行います。

(5)見積もり提出

調査結果をふまえ、後日、業者から詳細な見積もりが提出されます。

(6)施工依頼~契約締結

成約となりましたら、業者と細かく擦り合わせ、工事が滞りなく進むよう、密に連絡を取りましょう。

ヌリカエの詳細を見る

Q&A

Q.業者紹介、見積もり以外も相談できますか?

塗装の知識が無くどこに頼んでいいか悩んでいる方、おおよそかかる費用について相談したい方、どんな方でも気軽にお問い合わせください。

Q.修理など塗装以外にも対応できますか?

条件に合う業者がいるかどうかになりますがなるべく柔軟に対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

Q.紹介される業者は信頼できますか?

ヌリカエがご紹介させていただくのは、塗装業界のスペシャリストが独自の審査基準で選定した実績のある業者のみです。

Q.営業電話がかかってきそうで不安です

ヌリカエではお客様にヒアリングし、ご提案させていただく業者のみにお客様の情報をお渡しします。紹介業者以外から電話が来ることはありませんし、万一ご要望にそえる業者がいない場合は無理に紹介することはございません。

Q.電話番号を申込フォームに書くのが不安です

塗装したい箇所や物件情報などの詳細をお伺いするため、入力必須となっています。いきなり業者から電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。

Q.見積もりをもらったあとに断ることは可能ですか?

可能です。

Q.外壁塗装、いつすれば良いですか?

外壁塗装を行う時期は、一般的には10年前後と言われています。外壁材と塗料によって幅があり、各住宅によって異なります。

参考:外壁塗装を行う時期

塗り壁・モルタル:8~10年
・漆喰:10年~30年
サイディング・窯業系:7~8年
・樹脂系:10~20年

Q.外壁劣化を知る方法はありますか?

外壁塗装を検討すべき段階のサインは次の四つが挙げられます。

外壁の剥がれ

雨風や紫外線などによるダメージを受け続けると、塗膜の表面が徐々に剥がれ落ちていきます。

外壁のひび割れ(クラック)

ひび割れの原因には次のものがあります。素人目では分からない部分もありますので、劣化が見えてきたと思ったら、きちんと業者に診てもらいましょう。

  • 経年により塗膜がはがれ、外壁材まで劣化が進みひび割れてしまっている
  • 建物自体の沈下や傾きにより外壁材がひび割れてしまっている

チョーキング現象

チョーキング現象とは、外壁を触ったときに白い粉のようなものがついてしまうことを言います。ひび割れや剥がれの症状が出ていなくても、チョーキング現象が起こっているときは、外壁が傷んでいます。

コケやカビの発生

コケやカビは、日光が当たりにくく、湿気のこもりやすい北側の部分に発生することが多く、防水機能の低下を示しています。

Q.外壁塗装の相場はいくら位ですか?

外壁塗装にかかる費用の項目は、大きく架設費用と工事費用に分けられます。
架設費用が800~1400円/m2、塗装材費用が1500~6000円/m2程度が平均的な相場です。日本の平均的な一戸建て住宅であれば、一般的に100万円程度です。

  • 架設費用:足場や養生など工事のための下準備の費用
  • 工事費用:高圧洗浄・下地補修・塗装材費用など実際の塗装工事にかかる費用

Q.外壁塗装工事の期間は?

工事期間はだいたい1週間~10日間程度です。

Q.外壁塗装の作業工程について教えて下さい

(1)足場設置着工初日に、足場の架設を行います。(1~2日)
洗浄水や塗料飛散防止ネットを張り、足場を組み立てます。
(2)高圧洗浄外壁や屋根など塗装を施す場所に付着しているホコリ・汚れ・カビを洗い落とす下処理。最も重要な下処理作業の一つで、この作業をおそろかにすると塗料が剥がれたり膨れたりという「塗膜欠落」が起こる場合があります。
(3)下地調整建物の劣化を防ぐために、塗装の前に凹凸や亀裂、欠損やピンホールなどを削り取ったり埋めたりします。外壁塗装後に発生するトラブルの原因の80%以上が下地処理不良です。
(4)下塗り・中塗り・上塗り外壁塗装や基本的にした塗り→中塗り→上塗りの3回の重ね塗りが行われます。悪徳業者は3回塗りをごまかすことがあるので要注意です。1度目の塗りは、外壁にしっかり塗料を定着させるための接着剤的な役割。2度目・3度目は塗り残しを防ぐ作業となります。
(5)検品・撤去全ての塗装が終了したら仕上がり状態の点検を行います。気になる箇所は修正してもらい、問題がなければ足場を解体し、最終チェックをしすべてを撤去します。最後に周辺の清掃を行い、引き渡しすれば工事完了です。ここまで大体10日前後で工事は完了します。

Q.なぜ相見積もりが必要なのですか?

クレーム・トラブルが多いため

相見積もりとは複数の業者から見積もりを取り比較することを言います。内装・水回りを含めたリフォーム全体でも3件に1件は塗装関係のクレームとなっているため、複数の業者を比較することが大切です。

「安ければ手抜き」と呼ばれる業界であるため

手抜きとは、下処理を省いたり、塗料を薄めたり、塗り重ねの回数を減らすことなどです。多少高くてもしっかりサービスを行ってくれる業者に依頼すべきです。相見積もりをすることで、「適正価格かどうか?」「工事内容は適切か?」などが判断でき、失敗しない外壁塗装工事ができます。

色んな業者を見ることができる

家に近い業者が必ずしも良いとは限りません。塗装の腕にはこなした件数も関係するため、過去の実績も大切です。

Q.見積もりの立ち合い時のポイントは何ですか?

業者に見積もりを取るとき、ぜひ立ち会うことをお勧めいたします。見積もりの立ち合い時のポイントは次の通りです。

  • 自宅の図面を持っている場合、図面を見せる
  • 気になることは必ず聞く
  • 相見積もりする全ての業者に同じ質問をする

Q.相見積もりで比較すべき項目は何ですか?

相見積もりで比較すべきポイントは次の通りです。

  • 見積もり:なぜこの工事方法なのか?見積もりの算定根拠は何か?
  • 使用塗料:なぜこの塗料を選んだのか?
  • 塗装の回数
  • 下地の補修について
  • 耐久性・耐用年数
  • 工事箇所

ヌリカエの詳細を見る

ヌリカエはどんな企業が運営していますか?

ヌリカエを運営する株式会社Speeeは、不動産の無料一括査定サイト「イエウール」の運営やデジタルコンサルティング事業などを行うIT企業です。

ヌリカエの詳細を見る

会社概要

・会社名:株式会社Speee (Speee, Inc.)
・代表取締役:大塚英樹
・住所:東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル(地図
・事業内容:Web マーケティング事業、インターネットメディア事業
・資本金:24,940,000円
・設立:2007年11月29日
・ヌリカエのサイトオープン:2015年12月18日
Twitter
Youtube
Speee Facebookページ
ヌリカエ Facebookページ
インスタグラム
LinkedIn
Wikipedia

ヌリカエと株式会社Speeeが紹介されたテレビ・新聞・雑誌

ヌリカエが紹介されたメディア

・リフォーム産業新聞:2016年12月13日
・住宅新報Web・2016年11月22日

ヌリカエの運営企業・株式会社Speeeが紹介されたテレビ・雑誌

・MarkeZine:2018年9月28日
・情報サイトASCII:2018年6月27日
・ワールドビジネスサテライト(テレビ東京):2018年2月22日
・ハーバード ビジネス レビュー:2018年2月10日
・PRESIDENT:2018年1月15日号
・森本毅郎 スタンバイ!(TBSラジオ):2017年11月28日
・ニュース「every.」(日本テレビ):2017年11月17日
・AERA 2017年11月6日発売号
・ワールドビジネスサテライト(テレビ東京):2016年11月23日
・Forbes Japan:2016年3月号
・DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー:2015年10月号

外壁塗装の一括見積もりサイト「ヌリカエ」はここで申し込めます。

ヌリカエは、公式サイトのみで受け付けています。
※現在のところ、インターネットの公式サイト以外での受付は行っていません。

ヌリカエの詳細を見る