TOEIC・英語勉強

アルクの英語教材「ヒアリングマラソン中級コース」の通販・取扱店を調べました

アルクの英語教材「ヒアリングマラソン中級コース」はどこで買えるのか?どこで買うのがお得なのか?通販・取扱店舗を調べました。口コミや他の商品との比較など、購入前に知っておきたいことも全部調べましたので参考にどうぞ。では、いってみましょう。
ヒアリングマラソン中級コースの詳細を見る

Contents

ヒアリングマラソン中級コースを買うならココ!販売店比較

通販サイト・ネットショップ

ヒアリングマラソン中級コースの購入は、アルク直営の公式サイトがオススメです。

ショップ名 価格(税込) 特徴
公式サイト 38,880円 ・アルク直営の公式サイトなので安心
・全国送料無料
楽天市場 38,880円 ・英語伝(ソナタ株式会社)という会社が販売
・全国送料無料
Yahoo!ショッピング 38,880円 ・英語伝(ソナタ株式会社)という会社が販売
・全国送料無料

実店舗・その他の場所での取扱店

ヒアリングマラソンは、大学生協等で申込を受け付けています。

ヒアリングマラソン中級コースの詳細を見る

ヒアリングマラソン中級コースとは?

ヒアリングマラソン中級コース

ヒアリングマラソン中級コースは、「1000時間ヒアリングマラソン」「キクタン」「英辞郎 on the WEB」等で有名な株式会社アルクが開発した英語中級者向けの教材です。実践レベルへのステップアップのため、ナチュラルスピードの英語素材を使用していますが、素材の難しさを大幅に軽減する「3ラウンド・システム」により、テキストの手順通りに学習を進めていくだけで、だんだんと細部まで聞き取れるようにプログラムされています。学習テーマは「日常生活」「ビジネス」「エンターテインメント」「Live English Special(ニュース英語など)」から実用性の高いものばかり。身近なテーマで学ぶから、興味を持って取り組めるように工夫されています

ヒアリングマラソン中級コースの詳細を見る

ヒアリングマラソン中級コースの特徴

ヒアリングマラソン中級コースのテキスト

ネイティブ同士の会話やニュース英語の聞取りが苦手な方の教材

ヒアリングマラソン中級コースは、「旅行会話なら聞き取れるけど、ネイティブ同士の会話やニュース英語などの『生の英語』の聞き取りとなると、どうも苦手」という方にオススメのコースです。「実生活レベル」の英語が、1~2分程度のまとまった単位で聞き取れるようになることを目標としています。少しずつ素材の難易度をあげていき、6カ月後には英語圏の国に長期滞在も可能なレベルの「英語の耳」がつくることを目指しています。

難しさを約1/24に軽減するメソッド「3ラウンド・システム」を採用

ヒアリングマラソン中級コースは難しさを軽減する学習法「3ラウンド・システム」を採用。教材を3回に分けて分散学習したり、各回のタスクを有機的に関連づけることで、従来の学習法と比較して、の難しさを約1/24に軽減することができます。
3ラウンド・システムとは
アメリカで音声学とあわせて認知科学やシステム科学などを研究した竹蓋幸生先生が開発した指導理論・指導法です。

  • 教材を3回に分散して学習することで、各回の難易度を1/3にできます。
  • 各回のタスクを有機的に関連付けたものとすると、後継のタスクの実践を容易にすることができ、全体として1/6の難しさにできます。
  • 各タスクに提示されるヒント情報が、タスクの難易度をさらに1/2にするので、全体としては1/12の難しさになります。
  • さらに4種の情報(事前情報、参考情報、補助情報、発展情報)提示の効果で、素材のまま学習する場合の難易度と比較して約1/24の難易度になるのです。

TOEICテストのリスニング・パート対策にも効果大

ヒアリングマラソン中級コースの学習テーマはTOEICテスト頻出の18分野から選定しているため、リスニング・パート対策としても効果的です。TOEICで100点以上スコアを上げるには、通常200~250時間の学習が必要とされていますが、「3ラウンド・システム」で学習した人の多くは、わずか60時間の学習で100点前後のスコアアップを達成するなど、超効率的なヒアリング学習法なのです。※文京学院大学外国語学部での指導実績例より(指導時間:約60時間 2002年)

iPhone・スマートフォン・タブレットで勉強できます

ヒアリングマラソン中級コースは、iOS・Androidに対応したアプリ「ALCO」にテキストや音声をダウンロードできます。CDやテキスト本誌がなくても学習可能なので、通勤時間など細切れの時間を学習に充てることができます。アプリには、「スピード変換」「数秒戻し」「A-Bリピート」の英語学習に便利な機能がついています。

受講生専用サイト「テストコ」で質問・テストの提出が可能

受講生専用サイト「テストコ」は、学習計画を立てたり、学習の進捗状況を記録したり、テストを提出したりできる、通信講座での学習をサポートする通信講座受講生専用サイトです。ネットでテストの提出ができるので郵送の手間がなく便利です。スマートフォンやタブレット端末にも対応。クイズやコンテンツのダウンロード、専任コーチによる学習相談なども提供しています。

ヒアリングマラソン中級コースの詳細を見る

ヒアリングマラソン中級コースの内容

ヒアリングマラソン中級コース

教材構成 ・コースガイド
・テキスト6冊
・CD6枚
・別冊ランナーズエイド6冊
・マンスリーテスト6回
・特製CDケース
・修了証 (修了時)
※テストの提出にはインターネット環境が必要です。
学習時間 1日40分×週4日
標準学習期間 6カ月
総合監修 竹蓋幸生(千葉大学名誉教授)
受講スタート 通常、平日17:00までのご注文は、翌営業日に発送センターより出荷します。※営業日は月~金・土日祝。年末年始は休業。
受講料・価格 38,880円(税込)
1か月あたり:6,480円

ヒアリングマラソン中級コースの詳細を見る

カリキュラム全体の流れ

ヒアリングマラソン中級コースのテキスト

ヒアリングマラソン中級コースは、1か月でテキストブック1冊を終え、それを6か月繰り返す構成になっています。

1か月の学習の流れ

ヒアリングマラソン中級コース1か月の教材は4週、1週間は1つのUnitで構成されており、Vol.1~6で合計24Unitを勉強します。

  • 1週目の分野:日常生活
  • 2週目の分野:ビジネス
  • 3週目の分野:エンターテインメント
  • 4週目の分野:Live English Special(生の英語の聞き取りに重点)
  • 1か月の学習を終了:Monthly Testに挑戦

テキストの内容・スケジュール

スケジュール 学習内容
1か月目
テキストVol.1
1週目(日常生活) Unit1:夢のマイホーム
2週目(ビジネス) Unit2:企画変更
3週目(エンターテインメント) Unit3:やっぱり映画が好き!
4週目(Live English Special) Unit4:ニュース英語にチャレンジ1
テスト Monthly Test
2か月目
テキストVol.2
1週目(日常生活) Unit5:楽しい結婚生活
2週目(ビジネス) Unit6:変化は突然に
3週目(エンターテインメント) Unit7:歴史と書籍とビジネスと
4週目(Live English Special) Unit8:ニュース英語にチャレンジ2
テスト Monthly Test
3か月目
テキストVol.3
1週目(日常生活) Unit9:わが家の家計
2週目(ビジネス) Unit10:快適クルージング
3週目(エンターテインメント) Unit11:接戦を制す
4週目(Live English Special) Unit12:ラジオの時間
テスト Monthly Test
4か月目
テキストVol.4
1週目(日常生活) Unit13:健康に暮らそう
2週目(ビジネス) Unit14:サラリーマン哀歌
3週目(エンターテインメント) Unit15:おしゃれを楽しもう
4週目Live English Special Unit16:目指せ!雑学王
テスト Monthly Test
5か月目
テキストVol.5
1週目(日常生活) Unit17:子育てはつらいよ
2週目(ビジネス) Unit18:ビジネスの世界
4週目(Live English Special) Unit19:グルメなひと時
3週目(エンターテインメント) Unit20:ニュースの現場から
学習終了後 Monthly Test
6か月目
テキストVol.6
1週目(日常生活) Unit21:環境にやさしく
2週目(ビジネス) Unit22:ガッチリ営業
3週目(エンターテインメント) Unit23:ぜいたく旅行貧乏と貧乏旅行
4週目(Live English Special) Unit24:判決はいかに
テスト Monthly Test

1週間の学習の流れ

ヒアリングマラソン中級コースの勉強の進め方

週4日・1日40分を使って1つのUnit(Passage AとPassage B)を学習していきます。

  • 1日目:Passage AとPassage Bの大まかな理解を目指します。
  • 2日目:Passage Aを詳細に学習します。
  • 3日目:Passage Bの詳細な学習をします。
  • 4日目:まとめとしてPassage AとBの学習をします。さらに、Expand Your Knowledgeとコラムで、この週に学習した分野に関する知識を身につけます。

1日の学習の進め方

1日の勉強の進め方

1 (Task1イラスト):まずはイラストを良く見てPassageの内容を推測します。
2 (CDマーク):円内の数字はCDトラックの番号です。該当するトラック番号を呼び出して、Passageの音声を聞きます。
3 (Task2):下のリストを見ながらPassageを2回聞きます。聞きながら、聞き取れたものにチェック印をつけます。
4 (Task3 New Words): New Wordsの音声もCDに収録されています。新出語の発音とつづりを学習した後、もう一度Passageの音声を聞きます。
5 (Task4):イラストや聞き取れた語句を基にPassageの内容を推測します。頭の中で考えるだけでも結構ですし、解答欄に日本語で答えを書き込んでも構いません。
6 (Task4別冊参照マーク):Taskの解答例が、別冊Runners’Aidの何ページに掲載されているかを示しています。解答を確認しましょう。
※別冊Runners’Aidには、Taskの解答例が掲載されています。

ヒアリングマラソン中級コースの詳細を見る

ヒアリングマラソン中級コースの口コミ・評判・評価

Twitterでのヒアリングマラソン中級コースの口コミ


インスタグラムでのヒアリングマラソン中級コースの口コミ



ヒアリングマラソン中級コースの詳細を見る

Q&A

Q.ヒアリングマラソンの教材は申込後いつ頃届きますか?

ヒアリングマラソン中級コースの荷姿

ヒアリングマラソン中級コースは、通常平日17:00までのご注文は、翌営業日に発送センターより出荷します。※営業日は月~金・土日祝。年末年始は休業。

Q.送料はいくらですか?

全国送料無料です。

Q.「ヒアリングマラソン中級コース」と「1000時間ヒアリングマラソン」の違いは何ですか?

ヒアリングマラソン中級コース

ヒアリングマラソン中級コースは、「3ラウンド・システム」といメソッドに基づいて学習をしていくことで、「聞き取るためのコツ」を身に付けることを目的としています。聞く素材は、学習用に作成されたパッセージやニュースなど全24ユニット。ネイティブ・スピーカーの会話やニュースで話される英語などを聞き取るための基礎力をつけたいという場合におすすめです。

1000時間ヒアリングマラソン

1000時間ヒアリングマラソンは、教材が毎月制作される月刊誌タイプの更新型教材ですので、素材となる英文の内容はタイムリーです。また、1日の学習項目が示されている「ヒアリングマラソン中級コース」と違い、各コーナーの素材を、どのくらい、またどのように聞いていくかを、学習者が自分の英語レベルや生活ペースに合わせて決められます。

Q.アルクのアプリ「ALCO」とは?


ALCO(アルコ)は、アルクの英語学習用のスマートフォン用アプリです。(iPhoneとAndroid対応)CDや本誌がなくても学習可能なので、通勤時間など細切れの時間を有効に使えます。
ALCOの機能 特徴
スピード変換 再生する音声の速度を自由に変えることができるから、速すぎる音声のシャドーイングにうってつけ。
A-B間リピート 繰り返したい音声の範囲を設定して、リピート再生できるから、ディクテーションなど何度も同じところを聞きたいときに便利。
数秒戻し もう一度繰り返して聞きたいところに戻ることができます。

Q.アルク受講生専用サイト「テストコ」とは?


テストコは、通信講座の学習計画を立てたり、学習の進捗状況を記録したりしながら、簡単にテストを提出できるアルクの受講生専用サイトです。
テストコの機能 特徴
テキスト・音声のダウンロード CD収録音声(MP3)、テキスト(PDF)、音声付き電子書籍(EPUB)をダウンロードして、スマホ・タブレットで学習可能。
テストの受験と提出 郵送の手間がかからず便利です。
学習コーチへの相談 通常、3営業日以内に回答します。
カレンダー機能 カレンダーに学習プランとテストの予定を設定しておくと、リマインドメールで翌週の学習プランやテストの予定を知らせてくれます。
学習記録帳機能 その月の学習のボリューム感がひと目でわかるので、ペース配分や学習管理がしやすくなります。
学習の軌跡の把握機能 達成率・正答率の推移などが把握できます。

Q.返品は可能ですか?

不良品の返品

商品・サービスに瑕疵があった場合には、商品・サービス提供後6カ月に限り返品を受け付けております。アルクお客様センターに電話連絡のうえ、商品(不良品)をご返送くださいますようお願い申し上げます。速やかに交換または返金させていただきます。不良品のご返送および商品の再送にかかる送料は、小社が負担いたします。手続き詳細はアルクお客様センターへお問い合わせください。

お客様都合による返品

商品到着後8日以内に所定のお手続きをおとりください。ご返送にかかる送料はお客様負担となります。代引手数料、払込手数料等は返金の対象となりません。
返品・返金は、以下の全条件が必要です。

  • 通信講座の教材到着後8日以内に、アルクお客様センターまでお電話をいただくこと。
  • 教材が未使用であること(テキストは開披痕、汚れ、損傷、紛失等がないこと。デジタル機器はパッケージが未開梱であること。インターネットサービスはログインしていないこと。)。
  • 教材等送付物一式を、適切な梱包かつ配達記録が残る方法でご返送いただくこと。
  • 返送手数料はお客様のご負担となります。
  • 海外からご購入の場合、または返金先が海外の場合はご利用いただけません。
  • 本返品規定は二次販売品(中古品、個人売買等)には適用されません。

ヒアリングマラソン中級コースの詳細を見る

教材を開発したアルクはどんな会社ですか?

アルク ヒアリングマラソン

ヒアリングマラソン中級コースを出版する株式会社アルクは1969年(昭和44年)に創業した、語学教育の総合企業です。声の月刊誌『ENGLISH JOURNAL』の創刊を皮切りに、使える英語をモノにするための通信講座「1000時間ヒアリングマラソン」を開講。その後も「地球人ネットワークを創る」を企業スローガンに掲げ、「キクタン」などの新たな学習コンテンツ、ツール、サポートの創造に取り組んでいます。

ヒアリングマラソン中級コースの詳細を見る

会社概要

商号 株式会社アルク (英文名/ALC PRESS INC.)
住所 東京都千代田区九段北 4-2-6 市ヶ谷ビル
設立 2011年11月 (創業 1969年4月)
資本金 1億円
1969年 東京都中央区銀座4丁目10番7号を本社所在地として会社設立。
1970年 出版事業発足。
カセットテープによる教材の企画制作を開始。
1971年 月刊誌『The English Journal』(現『ENGLISH JOURNAL』)創刊。
1978年 『The English Journal』の別冊として『留学事典』を創刊。
1982年 通信講座事業発足。
通信講座「1000時間ヒアリングマラソン」開講。
1986年 東京都杉並区に本社ビル完成、本社所在地を東京都杉並区に移転。
1987年 通信講座「NAFL Institute 日本語教師養成通信講座」(現「NAFL日本語教師養成プログラム」)開講。
月刊誌『月刊日本語』創刊。
1988年 留学事業発足。
「アルク留学クラブ」(現「アルク留学センター」)開設。
1990年 子供英語事業発足。
児童英語総合情報誌『子ども英語カタログ』創刊。
1992年 通信講座「TOEICRテスト730点マラソン」開講。
1993年 通信講座「児童英語教師養成講座」(現「アルク児童英語教師養成コース」)開講。
法人向け研修事業始動のため株式会社アルク教育社を創立。神奈川、大阪、福岡で支店同時開設。
1994年 子供英語教室として「Kiddy CAT英語教室」(現「アルクKiddy CAT英語教室」)開設。
1995年 デジタル事業発足。
ホームページ「スペースアルク」開設。
子供向け通信講座「エンジェルコース」開講。
1997年 通信講座「中国語マラソン」開講。
対面インタビュー形式の英語スピーキング能力測定試験「SST」サービス開始。
1998年 eラーニングシステム「ALC NetAcademy」を開発、開講。
オンライン英和・和英検索サービス「英辞郎 on the WEB」開始。
2000年 通信講座「韓国語マラソン」開講。
2002年 英和・和英対訳データ入りCD-ROM付き書籍『英辞郎』発売。
2004年 通信講座「英会話コエダス」(現 「アルク イングリッシュ・クイックマスター 英会話 basic)」開講。
電話による英語 スピーキング能力測定試験「TSST」サービス提供開始。
2005年 「英語学習アドバイザー資格認定制度(English Study Advisors’ Certificate: ESACR)」発足。
2006年 eラーニングシステム「ALC NetAcademy 2」を開発、開講。
通信講座「1000時間ヒアリングマラソン」の受講者数が延べ100万人を突破。
2007年 Web上のグローバル学習コミュニティ「アルコムワールド」開設。
2008年 「使える日本語人材」ニーズに対応した、電話による日本語会話能力測定テスト 「JSST」サービス提供開始。
2010年 人気書籍「キクタン」シリーズ100万部突破。「iTunes Rewind 2010 iPhone App」に5アプリ入選。
2012年 人気書籍「キクタン」シリーズ200万部突破。
通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ延べ受講者数が120万人突破。
2014年 「アルク英語教育実態レポート2014」公表。
オンライン英会話サービス「アルクオンライン英会話」提供開始。
2015年 人気書籍「キクタン」シリーズ300万部突破。
通信講座用アプリ教材「動画で英語レッスン〈MOBiE〉」開講。
オンライン日本語会話サービス「アルク オンライン日本語スクール」提供開始。
2016年 人気書籍「キクタン」シリーズ350万部突破。
次世代eラーニングシステム「ALC NetAcademy NEXT」を開発、開講。
学習アプリ「語学のオトモALCO(アルコ)」提供開始。
2017年 株式会社アルクと株式会社アルク教育社を合併。
通信講座「TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST完全攻略シリーズ〉」新形式対応全6コース揃う。
Amazon Alexaスキル「アルクの英語クイズ」など計4タイトルを開発・提供。
人気書籍「キクタン」シリーズ400万部突破。

公式SNS・動画など

アルクが紹介された新聞・雑誌・ラジオ番組

ヒアリングマラソン中級コースを出版するアルクは、次の新聞・雑誌で紹介されています。

・AERA English 2017 Autumn & Winter(2017年9月29日)
・週刊観光経済新聞(2017年8月26日)
・Travelin’ Light(FMヨコハマ)(2017年7月15日)
・PRESIDENT 2017年4.17号(2017年3月27日)
・AERA English 2017 Spring & Summer(2017年3月24日)
・WEBサイト「Newsweek日本版」(2017年3月14日)
・大学新聞(2017年3月7日)
・AERA 2017年2月6日増大号(2017年1月30日)
・WEBサイト「毎日新聞」(2016年10月21日)
・日経ビジネスアソシエ(4月号)(2016年3月10日)
・PRESIDENT 2016年3.14号(2016年2月23日)
・毎日新聞(2015年9月6日)
・日経ビジネスアソシエ 9月号(2015年8月10日)
・週刊観光経済新聞(2015年6月13日)
・フジサンケイビジネスアイ「SankeiBiz」(2015年5月25日)
・日本流通産業新聞(2015年5月21日)
・中日新聞(2015年5月18日)
・読売新聞(2015年4月14日)
・日刊スポーツ(2015年4月7日)

ヒアリングマラソン中級コースはここで買うのがベスト

ヒアリングマラソン中級コースの購入は、アルク直営の公式サイトがオススメです。

ヒアリングマラソン中級コースの詳細を見る